読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年 上半期マイベスト10+次点

映画 マイベスト

1.『ウルフ・オブ・ウォールストリート

最低最悪の限りを尽くして、最後まで何にも教訓めいたことを言わないのが本当に素晴らしい!

 

2.『プリズナーズ

すべてにおいて一級品。先がまったく読めずに引き込まれた。

 

3.『アデル、ブルーは熱い色

圧巻の演技の熱量。半開きの口がかわいい。

 

4.『8月の家族たち』

修復不能の家庭がとことん壊れる様が楽しい。どんなにもがいても、どうしようもないこともある。

 

5.『ハミングバード』

どん底から這い上がろうとする人たちの話はそれだけで最高。

 

6.『her』

オシャレ。見事なSFで哲学的でもある。

 

7.『オンリー・ゴッド

狂っていて素晴らしい。

 

8.『ネブラスカ

下品なお母さんが酷くていい。

 

9.『アウトロー

どこを見ても品のない感じが「ゴッドファーザー」とはまるで正反対ですごい。

 

10.『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』

現実なんて何をやってもダメで、報われなくて、答えは風に舞っていると歌うオフビートさがいい。

 

 

次点

『セインツ 約束の果て』

撮影が見事。音楽もいい。

 

そこのみにて光輝く

どん詰まり感がいい。でも悲劇的なだけに落とし込まないところもいい。

 

『新しき世界』

オチは途中で分かるんだけど、とにかくかっこいい。

 

『収容病棟』

病棟の中をずっと撮るだけなのにスリリング。1度だけ外へ出る場面がまた見事。

 

アメイジングスパイダーマン2

1作目からは想像できないほどの面白さ!