読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014 ミュージックビデオ ベスト 10

「2014 ミュージックビデオ ベスト 10+1」

f:id:tatshead77:20141230021330j:plain

独断と偏見で選んでみました。

1位から順になってます。では、どうぞ。

 

 

 

1. BRONDINSKI Feat.SD "Can't Help Myself"

素晴らしいMVやCMを作りまくっているメガフォース制作の作品。過去作品はこちらから→ http://www.megaforce.fr/

黒い玉とトンネルのモチーフがかっこいい。

奥さんと上の娘とはうまくいっていないのを匂わせ、そこに胸の内から染み出てくる(←この感じがいい!)黒い玉。

クラブで出会った女の子とバイクで走り去る美しい場面で終わるかと思ったら、最後にトンネルにいるのは男の子。

"あの頃は良かった"というノスタルジアの際限なき地獄の話。

 

 

 

2. Mac DeMarco "Passing Out Pieces"

マック・デマルコっていうカナダ人シンガーのMV。

脈絡のない暴力とサイケなイメージが連続する絶妙なトリップ感。

VHS映像、広角レンズと手法にも凝っていて、混沌をうまくコントロールしているのがうまい。

 

 

 

3. Sia "Chandelier"

今年最も話題のMVの1つ。

映画『セブン』に出てきた集合住宅の一室みたいな暗く汚い部屋に、一瞬、裸かと見間違うような全身肌色のレオタードを着た少女が現れ、踊り狂う。

金髪、ショートカット、肌色のレオタード、この衝撃的なビジュアルは『ブレード・ランナー』の女レプリカント、プリスの影響を受けたのは間違いないと思う→Blade Runner (6/10) Movie CLIP - Deckard vs. Pris (1982) HD - YouTube

圧倒的なパフォーマンスを見せているこの少女は、マディ・ジーグラーちゃん(11歳)。

この子の顔、雰囲気はもちろん、美術、振付け、すべてが美しい。

そしてラストショット。フォーカスが少しずつぼやけていき、不穏に響く環境音が背筋にゾクッとした感覚を残す。演出も見事。

 

 

 

 

4. OK Go "The Writing's On the Wall"

これはもはや説明不要。

毎回あらゆるアイデアとギミックで楽しいMVを作ってくれるOK Goの新作。

HONDAとコラボしたこれもいいけど→OK Go - I Won't Let You Down - Official Video - YouTube

個人的にはこっちの手作りっぽい細々した感じの方が好き。

 

 

 

 

5. M.I.A & The Partysquad "Double Bubble Trouble"

M.I.A.自身が監督。衣装、小道具の色設計、スタイリッシュな編集のひとつひとつ全てがM.I.A.のセンスに溢れている。

ワイプで映像をかぶせてくるところのダサカッコよさなんかは、1歩間違えればかなり素人臭くなりそうだけど、うまくまとめているのがすごい。

話題の3Dプリンター銃をいち早く取り入れる行動力もM.I.A.らしい。

 

 

 

 

6. Royal Blood "Figure It Out"

イデア勝ちの1本。

パッと画面が赤から青に切り替わった瞬間、「うわーこれはやられた」と思った。

ただ、後半の展開力に欠けたのが残念。

もっとストイックにやっていれば傑作だったと思う。

 

 

 

7.Queens of the Stone Age "Smooth Sailing"

監督は日本出身のヒロ・ムライ。

ロケーション、照明、カメラワークなどがいちいちカッコイイ。

北野武作品のようなドライで無表情で残酷な方向を目指したとのこと。

後半の悪夢のような展開がおもしろく、主要キャストが日本人サラリーマンというミスマッチ感も新しく楽しい。

 

 

 

 

8.DJ Snake, Lil Jon "Turn Down for What"

脳みそが溶けそうなほどアホでカラッポでめちゃくちゃ楽しい作品。

「Turn down for what ?」「Fire up that loud」「Another round of shots」という3つのセンテンスのみで構成された頭の悪い歌詞を見事に表現したMVといえるかも?

 

 

 

 

9. おとぎ話 "COSMOS"

女の子のダンスという点では3位の"Chandelier"と共通するが、あっちが陰だとするとこちらは陽。

女の子を横から追っていたカメラがぐるっと前に回ると、後ろに煌びやかな夜の銀座のネオンが輝く。そこでアーティスト名が大きくバッと出て、音楽が高まり、踊りが始まり、映像が躍動する。あの瞬間、ぶわぁーっと込み上げるものがある。

個人的には、後半の女の子の表情が微妙に気になるが、ワンカットでもきっちり計算された構図の1つ1つは非常に綺麗。

ちなみにこの年齢不詳の女の子、水谷豊伊藤蘭の娘(24歳)らしい→趣里 - Wikipedia

 

 

 

 

10. Lykke Li "No Rest for the Wicked"

監督はTarik Salehというスウェーデン人で、リッキ・リーが主演のスリラー映画『Tommy』も手がけた人物。このリッキ・リーもまたスウェーデン人。

"No Rest For The Wicked"は「悪人に平穏なし」という意味。聖書のイザヤ書に「 no peace for the wicked」という表現が登場するらしい。

暗く冷たい空気が漂う中、2人が互いの温もりを求め合い抱き合う。その切なく儚い美しさ。差別に屈する者の姿は、血の味を思い起こさせる。

 

 

 

おまけ. Karen O "Ooo"

公式MVではなく、スパイク・ジョーンズが友人で元カノのカレン・Oにサプライズ・プレゼントとして作ったもの。

撮影はNYコレクションの準備をしているメトロポリタン劇場で行われ、エル・ファニングを起用。

スパイク・ジョーンズといえば、去年の作品だが『フランシス・ハ』の主演女優グレタ・ガーウィグと作ったパフォーマンス型MVも傑作→Arcade Fire - "Afterlife" - Live at the YouTube Music Awards (YTMA) - YouTube